1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)
(2011/01/07)
坪倉優介

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ここはどこ?ぼくはだれ?-’89.6~’89.8
第2章 これから何がはじまるのだろう-’89.9~’90.3
第3章 むかしのぼくを探しにいこう-’90.4~’91.3
第4章 仲間はずれにならないために-’91.4~’92.3
第5章 あの事故のことはもう口に出さない-’92.4~’94.3
第6章 ぼくらはみんな生きている-’94.4~’01.5



坪倉さんはTVで知りました。
単なる記憶喪失でなく、生きる為の方法すら全て忘れる記憶喪失には驚きました。
ご飯を食べるとはどういう事なのかもわからない …
ご飯に関する感じ方を含めて、全ての経験に対する言葉に驚くばかり。

そこからの復帰での母親の覚悟は凄い。
「もう一度、優介を育てなおす。」

母親の涙を見た時に、胸が苦しくなったという言葉には、見ていた自分の胸にも強く響きました。
愛情とは学ぶものでなく、人の奥底に備わっているものなんだって … というか、そうあって欲しい

再生という奇跡を見ると、いかに自分が恵まれた知識と体をもっているかわかる。
と同時に、人が持つ再生能力の凄さにも、ひたすら感動した。

最後の言葉には、もう言葉が出ません。

苦しいとか苛立つとは、この世に生きようと決めた時から、
一切、それを知らない脳にしてみようかなと思って。


こんな発想が出るなんて、そして、実行しているなんて。
言葉が無いです、はい。
少しぐらいは … たまにでもいいから … 僕もそう考え、実行できるようにならなくちゃと。


PS ツイッターで揺さぶられた一言
放射能の件で色々と考えていた時に、ツイッターで読んだ言葉にショックを受けました。
確かに予想される問題は長年に渡る可能性はあるでしょう。
でも、再生への希望をもってなければいけないんだと、強く感じた。

 @N_A_taka さん のツイッターより
原爆投下された広島民として言わせてもらうけど、
当時は百年経たないと植物は育たないし人も住めないと言われてたけど
実際は3日後には路面電車が走り1ヶ月後には避難してた人たちが広島に帰ってきた。
植物も普通に育ったし、だから福島にもう人が住めないとか
農作物が食べられないとか適当な事言うな


原文 http://twitter.com/#!/n_a_taka/status/49145390322298880

本当に凄いつぶやきです。
(これをコピペして、自分のつぶやきみたいにしている人がいるのが残念無念。)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1467-166830bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。