1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディション [Blu-ray]THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディション [Blu-ray]
(2011/04/06)
伊藤英明、加藤あい 他

商品詳細を見る


劇場公開時は、有る程度、展開が予測できそうでしたので、興味はなかったのですが ・・・
このタイミングで見ると、酷く皮肉に感じる点もありますね。

映画自体は予想通りの展開で、こんな時期じゃなければ、それなにに無邪気に楽しめるのでしょうけど ・・・

特に印象に残ったのは、国家プロジェクトの産物であるレガリアを取るか?4人の人命救助を取るか?という選択。
映画では、選択がシンプルに進みますが、現実では映画のようになっていない事が、殊更、皮相的に感じましたね。


今回の震災で見た、この記事を思い出しました。
妻と母親を助け出した男性、「ランボー」のようだとロサンゼルス・タイムズで紹介される

津波に取り残された妻を救うため、スキューバ装備で飛び込んだ夫が海外で話題に

ランボーとか評されていますが、ちょっと違うような ・・・

らばQさんの記事のリンク先の記事の中で印象に残った点が2つ

○Southeast Asia Bureauのレポーター、Rick Westheadがアカイワさんに
 「なぜ自分の命を省みず、奥さんを救いに行ったのですか?」と質問すると、
 アカイワさんは一言、「彼女はとても大切なひとだから」と答えたそうです。

○インタビュー中「スミマセン、私はもう行かなくてはなりません」と一言残し捜索にでかけました。
彼が友人知人たちを助け、無事に生還することを祈らずにはいられません。



こんな僕が、こんなブログで書くとえらく軽くなるんで躊躇しましたけど、
やっぱり「愛」なんだって。
人を救う勇気も行動も、「愛」がなくちゃできなんだなと。
守れずに失ったら、自分過去の一部や体の一部を失ったような気持ちになりますからね。

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2011/04/06)
伊藤英明、加藤あい 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1478-1112fadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。