1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強運強運
(2011/06/02)
斎藤 一人

商品詳細を見る


【 目 次 】

強運は、特別なことではない
「人生の壁」は上にいくほどラクに乗り越えられる
ひとつ上のことに全力で取り組む
何かの分野でえらくなった人は、ほとんどが貧しかった
「お金がないなら、働く」。それって、恥ずかしいことですか?
過去をひきずって、自分を苦しめるのはやめよう
自分のソンになることは、一度でも考えたらダメ
強運を招くのは「ちっちゃな努力」
「節目」が出てきたら、あきらめずにコンコンたたく
強運にはタネも仕掛けもあるんです〔ほか〕


斎藤一人さんを読みだしてどのくらいなるんでしょうか?
本が出版されると、予定調和的に読み続けていますが …
今回の「強運」を読んで、これまでの自分を振り返ると、改めて自分の足りない点に気付かされました。

それと、「人を動かす」の凄さを書いていましたので、
30年前に買ったのを取り出して、また読まなくちゃって感じてます。
一人さんが書いているように、7回以上は読んでると思いますが、気付いた時が、その時でしょうから。
(新版か電子書籍(あれば)を買えばいいのかもしれませんが、汚れたこの本に懐かしさを感じる古い世代なんで)


強運って、「強運になる考え方」があって、「強運な人」って
「それを実践している人」だというのが私の理論なんです。

今の自分の実力より、ひとつ上にことに全力で取り組む人」が幸運を呼び寄せるのです。

私たちは、神様と、ある約束をしているんです。
「正当な努力をして、魅力的な人間になって神様のもとへ帰る」という約束です。

本当に強運の人は、ずっと運がいいんです。
ずっと、登り調子です。

最大の敵が出てきたときは、自分も同じことをやる。

「苦しくても、我慢して乗り越えました」って言う人がいます。
でも、そういう人は苦しいことを、ずっと続けてきたんじゃありません。
本当は、途中でどこか、やり方を変えたんです。
いろいろやってみて、いいことに到達して、それを続けて成功したんです。
必ず途中で改良しているんです。
いちばんいけないのは、間違った答えをそのままかえないことです。

当たり前のことを、当たり前にやろうとすることが、強運なんです。

「逆境のとき」は、必ず終わるときが来ます。
「逆境のとき」が終わると、「順調なとき」に戻ります。
「逆境のとき」に学んだことは、「順調なとき」に大きく役立つのです。
(中略)
「逆境のとき」に学ぶ人に、神は大きく味方をするんです。
「逆境のとき」に学ぶ人が、強運をつかめるのです。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1497-42491602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。