1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Facebookを集客に使う本Facebookを集客に使う本
(2011/06/10)
熊坂 仁美

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
1 フェイスブックとは何か
2 ソーシャルメディアを使った最先端の集客事例
3 「いいね!」を押したくなるコンテンツを作る
4 コンテンツのアイデアの出し方・見せ方
5 ファンをどう集めればいいか
6 ソーシャルメディアキングの次なるアイデア
7 メディア連携で集客効果を倍増させる
8 新しい集客ツール「クーポン」の可能性



速足で読みましたが、個人的にはちょっとだけ悩ましい。
私もfacebookは登録しているが、実名。
趣味で始めたブログ、勉強がてらに試したtwitterなどは、匿名。
個人的な事や趣味の備忘録として書いたり、つぶやいたりしている事と実名のfacebookを繋げるのは無理だからねぇ8笑)
実務で追われている中、と言うか間に合わないぐらいの状況で、それなりの結果が出ているならいいんでしょうけど …(苦笑)
忙しい最中にブログなんて書いてちゃ、顰蹙ものですから。
facebookの強みは実名ですから、そちらでそちらでするしかないんですね。

本書の内容に関して言えば、大企業でなくとも、投資も最小でハイリターンが見込める可能性が素晴らしいと感じました。
但し、あくまで製品・サービスなりがまがい物でない本物で有り、地道な活動が最重要。
プラットフォームは大企業でなければ作れませんが、コンテンツは中小企業でも個人でも可能ですし、
発信先も日本全国のみならず、全世界にもできると考えると、可能性の大きさに夢が広がりますね。
また、ビジネスでの活用方法がメインですが、個人的な事にもヒントなる内容ですね。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1512-0b73add0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。