1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分思考自分思考
(2011/09/21)
山口 絵理子

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ
第1章 原点。学校って本当に正しいの?
第2章 大学で教える理論と現実の矛盾
第3章 アジア最貧国の真実
第4章 はじめての日本人留学生
第5章 途上国発のブランドを創る
第6章 「売る」という新たなハードル
第7章 人の気持ちに甘えていた
第8章 裏切りの先に見えたもの
第9章 本当のはじまり
エピローグ 裸でも生きる



凄い個人的な感想、理屈抜きに凄い本。

裸でも生きる」での山口さんの経験に凄いと感じた。
裸でも生きる2」でその後の内容で、ちょっと読む側として慣れた感じも有り、
前作程でないにしても、相変わらず凄いなという感想。
有る面、経過報告のにも読めた。

で、本作はエッセイだという事で、軽い気持ちで読み始めた。
前2作での経験から、その中で掴んだ事が書かれているから、グッとくる部分は有るだろうけど、
それとは違う山口さんのヒューマンな部分が読めて、楽しい部分も有るだろうと、正直舐めていた点も有った。

これまでの経験を振り返り、当時の事を思い出しながら書かれる山口さんの言葉が、
グッとくるというより、グサリとくるような事ばかり。
自分の内側に深く入りで考えた言葉であるが、経験から紡ぎだした言葉であり、考えだけに凄く重い。

前半は、まさに「自分思考」という著名どおり。
後半は、社会企業家という事や、経営者としてや組織的な事への言及が有り、違う部分で胸が痛くなる内容ばかり。
読めば読むほど、自分自身がこの本の感想を書ける人間とは思えないぐらい、自己嫌悪を陥りましたね。

マザーハウスに至るまでの活動、「裸でも生きる」「裸でも生きる2」、
そしてこの「自分思考」までを読むとや山口絵里子さんとはどんな人なんだと想像するも、
想像を超えている感じで言葉にならないです。

真っ向勝負 怒涛のような凄さだけど、深い。
Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
第1章 原点 学校~ どんな 話しか 読みたくなります。
人生に つまづいて ばかりの私です。この本 読んで見たくなりました。
2011/09/24(土) 22:52 | URL | 村石太レディ #kuQK1zvI[ 編集]
コメント有難うございます。
この本、本当に素晴らしいですよ。
是非、読んでみてください。
2011/09/25(日) 09:25 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1531-d2da3bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。