1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)
(2013/04/24)
松坂桃李、樹木希林 他

商品詳細を見る


以前、原作を読んで記事にしたこのツナグを見ました。(GW中ですが …)

予告編での松坂桃李くんが良かったので見たかった映画。
何が良いのかと問われると、上手く表現できないのが困る。
考えてもしっくりした言葉が見当らないから、自分でもよくわかっていないんです。(笑)

暗いというか重い題材なのですが、いい映画でした。

映画を見る時、はじめに思ったのは、失踪した恋人を捜す男性の話で、
日向キラリはどう演じられるのだろうかと...イメージが上手く湧かなかったからですが。
桐谷美玲さんは短い時間の中でキラリの無邪気さを上手く演じたと感じました。

一番難しいと思っていたのが親友を亡くした女子高校生の話。
結末も救いがないくらい真っ暗な題材だったし、
展開からいっても左右に揺れまくる主人公 嵐の心境を演じるのは相当難しいってね。

僕として一番なけたのは亡き母との再会を望む中年男性の話。
ぶっきらぼうで嫌味な遠藤憲一さんが実にぴったりな感じ。(笑)
そして、こういった役をされるともう僕が駄目駄目になる八千草薫さん。
八千草薫さんがおばあちゃん役や母親役で、悲しい展開の話にはいつも涙、涙。
ほんと上品で優しげな佇まいには、いつも感動しちゃいます。

で、くらーく終わる後味は仕方ないと思っていたが、
松坂桃李くんと樹木希林さんの話には、ちょいうるしながら、
松坂くの持ち味で清々しい結末だったので、なんか得した感じでした。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1551-f5db148c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。