1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆発するソーシャルメディア セカンドライフからモバゲータウンまで グーグルを超えるウェブの新潮流 [ソフトバンク新書] 爆発するソーシャルメディア セカンドライフからモバゲータウンまで グーグルを超えるウェブの新潮流 [ソフトバンク新書]
湯川 鶴章 (2007/03/16)
ソフトバンク クリエイティブ
この商品の詳細を見る


読み始める前から、ソーシャルメディアとは何だろう?と・・・
で、爆発する? そんなにブームなのか?
ブームになっているものも有れば、未来予測的な部分もあった。

WIKIPEDIA(英語版にてソーシャルメディアを調べてみると・・・

「意見、洞察、経験、見識を交換する為のツールやプラットホーム」



では、今、実際にあるソーシャルメディアとは

世界最大SNS 米 「マイ・スペース」 ユーザー数 1億5000万人
動画共有サイト 「Youtube」 ユーザー数 数千万人
3D仮想空間 「セカンドライフ」 1年足らずで300万人
その他に、参加型ニュースサイトのディッグ(digg)
ブックマーク共有のサービスのデリシャス(Del.ici.ous)
Wikipedia、ブログ、ポッドキャッド

国内では、3年でユーザー数800万人のMixi、
スタート1年で300万人のモバイルSNSの「モバゲータウン」


知っているのもあれば、知らないものもある。
ブレイクしているものもあれば、今これからと思えるのものもある。

すべてのメディアはソーシャルメディアになる。次の展開はモバイル。
有力なのは、モバゲータウン



そう、DocomoのCMでもWeb2.0をもじった、Mobile2.0的になっている。
以前の記事「iphone」でも記されていたが、携帯が2次的な展開にはいる時期だと・・・
実際、現在のニーズを規程しているが、納得できるし、まさに携帯にマッチしている。

人々の基本的なニーズ
①オンデマンド(望んだその時に)
②モバイル(携帯できる)
③参加型(自ら情報発信できる)



面白かったのはグーグルでさえ今後の展開によっては、
強者ではなくなる可能性を感じさせるところだった。

グーグルの強みは財力
株式公開、アドワーズ、アドセンス、検索連動型広告、コンテンツ連動型広告

しかし、検索連動型広告は行動ターゲッティング広告に抜かれる予測。
検索行為は、ネット上の活動5%、残りの95%は
行動ターゲッティング広告の対象の為。



個人的には、"おわりに"での著者の歩みとともに記された、
この本の主旨が一番よかったかな

特権的マスメディアから、自ら情報発信を始める参加型メディアの時代がくる。だれもが自分自身を表現し、クリエイティビティが爆発するはずだから。



ブログを書いてる俺も爆発しているのか???

"オイラのソーシャルメディア" Makeup life!
今日もここまで、このブログを読んでいただいて有難うございました。
BK1オンライン書店トラックバックURL ; http://ping.bk1.co.jp/tbk.cgi/02768628
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/173-0b0ee3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。