1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dear Friends ディア フレンズ Dear Friends ディア フレンズ
北川景子 (2007/07/21)
東映
この商品の詳細を見る


 追記
  最近、アクセスが異常に有ります … この記事。
  理由がはっきりしませんが、北川景子さん主演のモップ・ガールが原因でしょうか?
  モップ・ガールも第1話見ましたが良かったですね。

  記事1:イケてます。 モップガールの北川景子さん。

  記事2:モップ・ガール テレビ朝日


レンタルビデオのタグに "邦画青春ドラマ" と記している。
ケータイ小説が原作と知っていれば、借りなかったと思うが…

ストーリー的には奇抜な点はない。
"実に性格が悪い不良少女" が病気になり、
友人の思いによって、病気やその他の現実に打ち勝っていく。

深く考えず借りた作品でしたが、良かった。

しかし、私はこういった作品は、あまり好きでない。
辛すぎる、痛すぎる作品で、結末に悲しさしか残らないから。

大体、おじさんを泣きそうにさせる事、自体がイカン。

単純なストーリーだとか書いているが、なぜ良かったのか?

主人公、2人の演技が良かった。

北川景子 
 見はじめは、胸くそ悪くて、見るの止めようかと思ったぐらい、
 イヤな女を演じていた。
 病後の辛い状況での泣きの演技も、腹の底からの嗚咽・叫びなど。

本仮屋ユイカ
 再会の時、病人の演技は、実に、本当に、うまかった。
 本仮屋ユイカの最後には、 "チクショウ" といった感想であるが…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あと、音楽にはやられました。
今時、この選曲はしないだろと思うのですが…

"今日の日はさようなら"

私が好んで書く言葉で、

"ベタはベタでも、ベタを越える内容で…" を地でいった作品です。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/236-5dc72a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。