1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編 愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編
特撮(映像) (2001/09/21)
東宝ビデオ
この商品の詳細を見る


先日の記事「世界征服は可能か?」の中で、レインボーマンの死ね死ね団が例として書かれていました。

このレインボーマンは、森進一さんの「おふくろさん」の作詞家である、川内 康範氏が原作者です。

川内 康範氏はこの他にも、「月光仮面」「まんが日本昔ばなし」にも関係があります。
硬骨漢の川内氏の作品だけあって、子供番組ながら深い意味がありました。

ヨガをベースにした能力者であり、7つの能力がある。
 (月・火・水・木・金の陰陽五行と、土・日の7つの化身 - wikiより)
 この、七つが味噌で、ヨガのチャクラ(7つ)にも関連していると思うんですが?

②提婆達多 ダイバダッタ - これもwikiに有りました。

③そして、以前、般若心経の本を読んでいる時に、気がつきましたのがこれです。

「あのくたら さんみゃく さんぼだい」

変身時に唱える言葉は、般若心経の言葉ですね。

「阿耨多羅三藐三菩提」 - 意味は「この上もない悟り」

般若心経では、「得阿耨多羅三藐三菩提」で「この上もない悟りを得ることができる」となっていました。


別のサイトでより詳しい内容も有りました。

思い出のアニメ&特撮
サンスクリットでanuttara samyaksambodhih
阿耨多羅(あのくたら anuttara)は「無上の」という意味。
三藐(さんみゃく samyak)は「正しい」の意味。
三菩提(さんぼだい sambodhih)は「悟り」の意味。


④今回、調べて知った事 - 術を使用する前に唱える言葉

「オンタタギャトードハンパヤソワカ」

wikiより

真言宗など密教系の「護身法」の2番めに、<仏部三摩耶>印と共に唱えられる真言。
本来は「仏部の諸尊、行者を加持して、速やかに身業清浄なることを獲得せしめ、
罪障消滅して、福恵増長す」と観想することから、自らの犯した業=カルマ浄化のための真言


凄すぎますね。あの当時、単なる子供番組で、ここまで、するのも。

で、、「得阿耨多羅三藐三菩提」について正確に記そうと思い
般若心経の本を再度、見てましたら、もうひとつ発見しました。

四国八十八カ所を巡拝する人が、かぶっている「すげがさ」(遍路がさ)に書いてある内容。

「迷うが故に三界に城あり、悟るが故に十方は空なり、

本来、東西無くんば、いずこにか南北あらん」


中村天風師の著作で読んで憶えている言葉でした。
本を読む、ブログを書く等していて、偶然とはいえ、なにかしら感動を覚える瞬間です。



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なつかしい、よく見てました~と言おうとしたら、なんか「ミラーマン」とごっちゃになってました。

どっちがどっちだろう? ♪インドの山奥でんでん・でんろく豆♪という替え歌は、はて?

般若心経の言葉、そうでしたね。 覚えてます、これは。 は~ 意外と深いヒーロー物だったんですね。
2007/08/17(金) 17:25 | URL | genfavbook #-[ 編集]
>♪インドの山奥でんでん・でんろく豆♪という替え歌は、はて?

↑ 紛れもなく、レインボーマンです。
ミラーマンは、"朝焼けの光の中に~"です。

般若心経の本を読んでいて、阿耨多羅三藐三菩提を
見つけた時は本当に感動しました。

まぁ、変な所で感動する奴なものですから。(笑)

それと、genfavbokさんの今日のブログで、
斉藤一人さんの「普通はつらいよ」を記事にされてましたね。

嬉しい内容の記事でしたね~。
ちょっと、しつこいでしょうが、
知っているブログに取り上げられると、
喜び倍増です。
ほんと、いい本だと思います。

では、また!

2007/08/17(金) 20:07 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/271-8565072b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
川内康範川内 康範(かわうちこうはん、1920年2月26日 - )は作詞家、脚本家、作家。北海道函館市出身。経歴*1941年 東宝入社。東宝退社後、脚本家として活動開始。*1958年 TVドラマ「月光仮面」を手掛け、大ヒット。その後作詞活動も始め、数多くのヒット曲を送り出す。*...
2007/09/07(金) 10:28:03 | しおりの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。