1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクソシスト ディレクターズカット版 エクソシスト ディレクターズカット版
エレン・バースティンリンダ・ブレア 他 (2006/12/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


真夏の夜ということで、怪談・怪奇話がTVでも色々やってます。
怪奇もので、一世を風靡した憶えがあるのが、これですよね?

実は、家族皆んなで観た覚えがある、唯一の映画はなんです。
(まぁ、他に記憶がないだけかもしれませんが…)

親父は、スティングが「絶対いいぞ!」といってましたが、
子供の意見がとおり、却下でした。
(映画館の中では、子供騙しな内容だといってふて寝してました。)

映画だけでなく、音楽も印象的でしたね。
(題名の意味が全くわかりませんでしたが…)

The Exorcist/Tubular bells/Bassie en Adriaan


なつかしいですね~

感想は、恐怖映画以外のところで、感動しました。
神父自身が、母親の事で葛藤しながら、悪魔払いをしていた事でした。

自分には神父の映画に思えましたね。
最後に神父が自分に乗り移らせ、意識を奪われずに窓から飛び降りて絶命します。
そこに、友人の神父が駆けつけお祈りを捧げるんですね。

小学生のクソがきでしたが、泣きそうでしたね。
横を見ると、お袋が「カラス神父が可哀そう…」といって泣いてました。
(弟と妹が、相手をしていました。(笑))

ふて寝していた親父も、心なしか目に水がたまってました。
(我慢していたみたいです。)
今、考えても変な家族でした。

チューブラー・べルズは2003年にもでているんですが、
リズミカルになり、映像と合わせると全く違う印象に聞こえます。
未来の讃歌みたいな音に聞こえるんですが … 不思議です。

Mike Oldfield - Tubular Bells 2003


"恐怖映画で泣く家族? これも思い出ですな(笑)"

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと発見してしまいました。 ケイエムさんは私より、少なくとも1歳は年下ですね。 ま、いいか。

カラス神父 名前が不思議だったので覚えています。 映画の中でよく出てくるメロディが印象に残り、そこだけよくピアノで弾いてました。

けっこうそういう映画好きでしたね、当時は。 今はめちゃ怖がりですが・・・
2007/08/18(土) 00:36 | URL | genfavbook #-[ 編集]
なつかしいですね。
いろいろ衝撃的なシーンとかあって、ちょっと怖かったです。
でも、この曲はとても印象に残っています。映画の記憶が薄れた今は美しい曲に思えますが、昔は「怖い曲」とインプットされていた気がします。
2007/08/18(土) 01:26 | URL | ミッチョン #-[ 編集]
公開年を勘違いしてたかも知れません・・・

公開当時、私も小学生だったような? クラスメートが友達と見に行ったと話しているのを聞いて、「小学生同士で映画? すごいなぁ」と思った記憶があります。
2007/08/18(土) 10:23 | URL | genfavbook #-[ 編集]
兼高かおるの件も含めて年齢は近いと思ってました。(笑)

私も昔は恐怖映画よく観ましたが、
今は殆んどみないですね。
怖いというより、別の意味もあってですが。

>「小学生同士で映画? すごいなぁ」

当時でいえばすごいでしょう。
ませてたんですか?(笑
今の時代が逆に意味で凄いですが…



2007/08/18(土) 11:06 | URL | ケイエム #-[ 編集]
>いろいろ衝撃的なシーンとかあって、ちょっと怖かったです。

今回、調べていても怖かったです。(笑)
ちゅうーか、気持ち悪すぎです。
なんか、受け付けない体質になったみたいです。

映像のショッキング性のみならず、
かもしだす雰囲気がなんか怖いですね。
(驚かせるのでなく、妙に想像力を書きたて、
頭の中に残るような映像だし。
暗示的にも見えます。)

今回、記事での映像は、そういったのは、
はぶきました。

でも、当時は皆、首が回るシーンや、
緑の液体を吐くシーンをマネしたりしましたね~
2007/08/18(土) 11:13 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/274-dfe03069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。