1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る


「李下に冠を正さず」の格言どおりですね。
善良な主人公を、非難しているわけではありません。

私も以前の同僚に、満員電車では両手を上にあげた方がいいと言われましたから。


TV・ビデオ等の映像・記録技術の恩恵のせいだと思うんですが、
現実が自分の頭の中に記録されていると、真実も皆に見えると勘違いしちゃいませんか?

また、仕事上で発生した状況(会話)にしても、仮に一字一句、誰かが記憶していても
捕え方は、仕事・人生の価値観で微妙にずれてませんか?
対応方法まで含めると、基軸の考え方を決めておかなければ、まとまらないはずです。
(基軸を決めておいても、難しい部分があります。)


これが、利害関係が完全対立する裁判になれば、そりゃもう、真実が何かとは
別問題にもなってくる事は想像できます。
真実と裁判結果は、別物ですね。残念ながら…

この映画と同様な事が、現実に発生している事も知っていました。
当事者にとっては人生が狂ってしまうんですから、「災難」という言葉では済まないですね。
まして、自分が正しいと思っていれば、犯罪者扱いは受け入れられないでしょう。


他方、性犯罪(痴漢でしたっけ?)の冤罪被害者活動をしていた人間が、
再度、捕まった(写メールで隠し撮り)のもニュースで見ました。

善意の活動を、隠れ蓑にする真犯人もいるから、話がややこしくなります。
(この件は、結構、憤慨しましたね。冤罪活動を真剣にされている方にも迷惑千万ですよ。)


世の中・人生は、不条理・不合理はいくらでもまかりとおってますから、
活発に活動すればする程、油断大敵だと改めて思いました。

最初の格言ではないですが、古き格言などは、そういった意味でも知っておくべきものであると思います。
まぁ、年齢を経てきたせいかもしれませんが。



"満員電車にゃ、まいった(両手を上に)しなさい!" 
  以前から、真面目に実行してます、私。 ホント、怖いすっよ。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/309-1ecfaa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
加瀬亮に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
2007/09/21(金) 20:38:05 | プレサーチ
斜め読みニュース局より最新ニュースをお届け! 加瀬亮今日の加瀬亮の関連語: 食わず嫌い 加瀬亮さん 宮沢りえ 映画 やばい.(続きを読む) 櫻井翔 蒼井優 伊勢谷友介 加瀬亮 関めぐみ ハチミツとクローバー ...お楽しみ宝箱あり
2007/10/26(金) 16:51:10 | 斜め読みニュース局
ハモニカ横丁で映画ロケ六本木経済新聞左から二人目が犬童監督 10月18日夜、吉祥寺ハモニカ横丁のバーベキュー酒場「Jolly Pad(ジョリーパッド)」(武蔵野市吉祥寺本町1)を中心に映画のロケが行われ、犬童一心監督、主演の小泉今日子さんをはじめ、加瀬亮さん、上野樹
2007/10/26(金) 17:07:04 | 楽天旅の窓口
浅田次郎の原作が映画化!! 『オリヲン座からの招待状』三枝健起監督インタビューシネトレ主演に大女優の風格漂う宮沢りえと、実力派俳優として注目を集めている加瀬亮を迎え、時代が移り変わっても映画館を守り続ける2人の奇跡の愛を
2007/10/26(金) 18:53:25 | 子宝ネット
メールで届いた物語 / 加瀬亮/吹石一恵/岡田義徳/北村一輝商品価格:3,179円レビュー平均:0.0「硫黄島からの手紙」か「それでもボクはやってない」か・・・「硫黄島からの手紙」か「それでもボクはやってない」か・・・タイトルの通り、どちらを観た方がいいか迷ってい..
2007/10/27(土) 03:49:25 | 情報ブログ
加瀬亮と藤谷文子 フランスの鬼才・ゴンドリー監督作品に出演フランスの鬼才ミシェル・ゴンドリー監督が東京を舞台に描く『Hiroko and Akira in Tokyo』に、加瀬亮と藤谷文子が起用されたことが16日、分かった ―
2007/10/28(日) 00:33:26 | リアディゾン 画像 過激
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。