1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アポカリプトアポカリプト
(2007/11/21)
ルディ・ヤングブラッド

商品詳細を見る


"300"(スリー・ハンドレッド)を見た時も感じたのだが、文明とは素晴らしいと。
この"素晴らしい"とは、非常に個人的な感想です。

それは、原始的な時代ほど、本能的な能力が必要であると。

生き抜く為には、まず、健康でなくてはならない。
健康である為には、カラダの各器官が正常で、免疫力も強い必要がある。

成長していく過程では、自然・動物・他者に勝ち抜いていく為、強くなくてはならない。
その為には、筋力があるか、敏捷性が必要となる。

そこから、知識である。 闘いの方法、自然を利用する方法など。



自分の持って生まれたポテンシャルを考えると、こういった時代に生き残る可能性は極めて少ない。(笑)

しかし、今なら普通に働けば飢える可能性は少ない。
生きる資本である貨幣を得る方法が、様々あるから。

体を元手にする方法以外も、サービス・知識・芸術 … etc 他にもあるだろう。

また、本能的な能力を、後天的に得る事も可能だ。
そういった、知識が溢れているし、施設・場所・機関もある。



だから、こいいった類の映画を見ると、"今が素晴らしい"と感覚的・直感的にそう感じる。
ただ、こういった反語的な感想だけではない。

無性に興奮する部分もある。

自然の中を躍動する姿(滝に落ちるシーンなど)、戦いの姿、襲いくるヒョウ、沼や雨など。



肉体を超えた欲望や妄想が広がりやすい今、エンターテイメント的な娯楽映画の"スカッと感"とは違う、
説明できない湧きあがるものが、ある意味、とても"ここちよい"。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/479-6cd6687b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。