1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥天女 スペシャル・エディション吉祥天女 スペシャル・エディション
(2007/12/21)
鈴木杏、本仮屋ユイカ 他

商品詳細を見る


個人的には、懐かしい吉田秋生さん原作の映画です。
TV化もされましたが、ある意味、予想どおりでした。

吉祥天女 あらすじ From Wiki

 天女の末裔と言われる叶家の跡取り娘で、恐ろしいほどの美貌をもつ小夜子が
 街に帰ってきたのを機に、 小夜子と叶家の財産を狙う遠野家が繰り広げる陰謀、
 事件を描いた心理ホラーミステリー。


この吉祥天女は、映像化が、特に困難な作品だと思っていました。
原作自体が、スタート時はかなりミステリアスで興味深かったのですが、結末が上手くまとまらなかった感がありましたから …

吉祥天女 (1) (小学館文庫)吉祥天女 (1) (小学館文庫)
(1995/02)
吉田 秋生

商品詳細を見る


吉祥天女 (2) (小学館文庫)吉祥天女 (2) (小学館文庫)
(1995/02)
吉田 秋生

商品詳細を見る


吉田秋生さんの作品はこれまで、映像化されてきてますが、個人的に納得できる作品はないですね。
特別に映像化された作品の質、演技が悪いとは思いません。
が、インパクト・共感をだす部分自体が難しいと思える題材が多いと。
(YASHAは、結構、ポイントがはっきりしているとは思いますが。)



ただ、個人的にも「カリフォルニア物語」「バナナ・フィシュ」に思い入れがあるので、
ここらで、吉田秋生作品の大本命ともいえる「バナナ・フィシュ」を、予算・配役に本腰を入れて作成して欲しいですね。
ストーリー的には、TVドラマがいいと思ってますが。

Banana fish (19)Banana fish (19)
(1994/09)
吉田 秋生

商品詳細を見る


BANANA FISH あらすじ - Wikiより

 ニューヨークの天才不良少年を主人公にした物語であり、
 ベトナム戦争の遺恨から当時のアメリカ情勢が描かれ、
 政府、マフィア、軍部関係者などが絡むハードボイルドな内容で、
 少女漫画の枠を超えて幅広い層に支持されている。

 終始一貫して男同士の友情、闘いを中心とするストーリーのため
 ボーイズラブ的趣向と取られる向きもある。
 しかし、それを超えた名作との評価を確立している。


確かにボーイズラブ的趣向は、吉田秋生さんの作品には多いですが、本質は違うと思ってます。
(男女・人種というのは特に関係ない、人間同士の絆と捉えてます。)

"灰の中で生きている山猫"のような「少年の孤独」と、それを邂逅させる日本人少年との友情です。
結末は残念で、もっと曖昧でも良かったと思います。
(できれば、アナザーエンディングのBANANA FISH で)


通称、アッシュ・リンクス … 灰と山猫を意味する
本名、アスラン・ジェイド・カーレンリース … アスランは「夜明け」を意味する

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
寒中お見舞い申し上げます
ご無沙汰していてすいません・・・
お元気ですか~?
あまり無理せず
お体だけにはお気をつけてくださいね!
今年も宜しくお願いいたします。
2008/01/13(日) 14:21 | URL | ちゃーみー♪ #fQIc5cww[ 編集]
いや~、課外活動が忙しいそうで、
それはそれで、とってもいい事だと思っていますよ。

イメージチェンジされて、ネタがいっぱいになって帰って来て下さいね。

ちゃーみーさんも、体には気をつけてください。

今年もよろしくお願いしま~す!
2008/01/13(日) 18:16 | URL | ケイエム #-[ 編集]
カリフォルニア物語は大好きな作品でしたので、吉田秋生氏の絵もよく真似て描いたりしてました。
ただ、大人になってから読むとぜんぜん違う感想になってしまった作品です。
吉田秋生氏の作品の主人公はみんな個性が際立っているところに特徴があるなと思っています。(どの主人公も二人といなさそう)
でも、その個性の際立ちのほとんどは、絵ではなくセリフなり文章で作られているなと思っています。
漫画でありながら、そうしたところは多くは読み手の想像力に任されている感じがするのです。
だから面白いとも言えるし、そこが映像化するに難しいところなのかも知れませんね。
2008/01/14(月) 02:55 | URL | ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]
>ただ、大人になってから読むとぜんぜん違う感想になってしまった作品です。

確かに、そうかも… す、鋭い

私自身、カリフォルニア物語はすきでしたが、再読してないですね~
今、読むと、違うかもしれない…ですね

機会を見つけて再読してみます
2008/01/14(月) 11:21 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/492-7f148a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
吉祥天女 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
2008/01/25(金) 18:12:45 | 最新ブログをまとめて検索