1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタの栄光 Offical Web Site

映画 『チーム・バチスタの栄光』 公式サイト

阿部寛さん主演で映画化される事で、意識が向かいました。
昔は、「原作が先か、映像が先か?」と考える事もありました。

しかし、最近は読むのはビジネス書中心になりましたし、原作不足で、
話題書はすぐ映画・TV化されるので、映像で見る事が殆んどです。

今回は、感違いで映画化は先のことだと思い読んでみようと … で


激烈に面白く、感動しましたねぇ~

「第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞」作品ですから、ミステリーとして面白いのだろうと思っていました。
別に、素人ですから小説の技法やミステリーが判ってはいませんが、フィクションであるのに、
登場人物に心動かされましたね。

ストーリーは、超大雑把に書くと以下のとおりです。

 成功率100%のチーム・バチスタの手術で、3件続けて術中死が発生し、
 医療ミスか、事故か、故意かの調査依頼された田口であった。
 そこに外部調査者・白鳥も加わり、事件解明へ


小説を読む場合、最近は筋的に重要でないと思える部分は、流し読みするんですが、
これはね、それ出来ませんでした。
ミステリーだからではないです。特別、謎ときに固執していないですから。)


まず、ストーリー的にヨカッタのは、事件解決後のエピローグが最高ですね。
事件に対するリアルな対応と、登場人物たちへの後始末が完璧です。

病院といった組織である為、病院も守らなければならないし、真の問題解決も提示しないといけない状況がありました。
記者会見前から、その後の高階病院長と田口の落とし所が大人の味、満載といったところでしょうか。

桐生は、登場当初から、冷静で完璧な人間性が前面にでていました。
途中経過でも、人の命に対する熱く真摯な気持が判りましたが、犯人の可能性もあり素直には読めな部分が有りました。
しかし、最後の桐生との会話には目頭が熱くなっちゃいましたね。
まるで、ハードボイルドです。 ほんと、桐生には、泣けます。

あと、医療現場の問題も浮き彫りにしている点も、絵空事でなく、
ある種の問題提起的な部分も評価できるのでしょうし。


登場人物的にも、白鳥のキャラクターがべらぼうに変な奴で(あだ名がロジカル・モンスター)、
田口も語り部として味がありました。

大賞受賞作だから、主人公が魅力的なのは当然といえば当然でしょう。
「大賞受賞作は本当に凄い、これからは受賞作を読んでいけば、
こんな感動とか面白さを味わえるぞ…」と思いつきました。

ところが、解説を読んで納得。
この『チーム・バチスタの栄光』は、選考委員の満場一致、しかも選考会開始後数秒で受賞が決まったとの事です。
議論を待たず、採点結果(全員A評価も初めて)だけで決定したのも初めてとの事。



そうですよね~ そう、わかるよ!その決定。
そうだよね、こんなに面白いのは、そうそうないはずだよね。

私は、これで、ミステリーに感動しました。


チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02938793
              http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2938792
              http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02635707
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/502-cfb0862a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - チーム・バチスタの栄光
2008/10/19(日) 15:42:54 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。