1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローグ アサシン DTSスペシャル・エディションローグ アサシン DTSスペシャル・エディション
(2008/02/22)
ジェット・リー、ルイス・ガスマン 他

商品詳細を見る


公式HP

元々、ジャッキー・チェンが好きで、体技が優れた映像は興奮するたちである。
もちろん、「中国全国武術大会(演武の大会)において、5回連続で総合優勝を成し遂げるほどの武術の腕前」であるジェット・リーもデビュー当時から目が離せない俳優となっている。

ただ、出演作風は、かつてのジャッキーのお笑、チョイアツ、チョイ泣きとは違いシリアス路線だけど …
シリアス路線であるが、湿っぽさというか情感がちょっと足りない感がしている。

もうひとりの主演、ジェイソン・ステイサムは最近、抜群にお気に入りの一人。
美学に溢れた静かな男(実際は熱い)を演じるトランスポーターは1・2とも痺れた。
そうかと思いきや、ジェットコースター的展開で獣のような男を演じたアドレナリンも結末が泣かせる。(これは、続編あるかも?)



ストーリー的には、「伝説の殺し屋」ローグ(リー)に相棒を殺されたジョン(ジェイソン)の追跡物かと思ったが、始まってすぐに結末は想像できた。
それなりに楽しんで、予想通りの展開だったので、後はラスト・シーンのみかと思いきや

 … 予想外のラストになりました。最後の秘密にはちょいとやられた感がありましたが。

実は、ここから「どう決着をつけるか」がキモになるはずだと思うが、そこが浅かったかな。
結構面白かったので、「惜しい!といったより残念」


あと、脇役の石橋稜が頑張っていたねぇ~。
普通、こういった映画の日本人は変なのが多いが、実に頑張っていたと思うよ。
グッ・ジョブだぜ!


美学を学べ!と言える、男のロマンティシズムが溢れている。
男は観念・美学にロマンチックなんですよね~、アホですよね~、でも愛すべきかな(笑)

トランスポーター&トランスポーター2ツインパック<初回限定生産>トランスポーター&トランスポーター2ツインパック<初回限定生産>
(2006/10/13)
ジェイスン・ステイサム、アンバー・ヴァレッタ 他

商品詳細を見る



多重世界(パラレルワールド)?という背景が実に好みの1作でした。

ザ・ワンザ・ワン
(2004/03/03)
ジェット・リー、カーラ・グジーノ 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/578-f1df6e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。