1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneが日本に上陸する日iPhoneが日本に上陸する日
(2008/01/20)
山根 康宏

商品詳細を見る


正直な所、携帯電話の世界はよくわからない輩ですが、仕事柄ちょっと知ってはいないといけないんで … 本当は、方向性ぐらい、いかなる場合でも30分ぐらいは軽く話せないといけないんですが。(泣)

昨年、「」を読んでiphoneの情報はブックマークしていましたが、それっきりで書籍の内容もおぼろげになってました。
ただ、この記事へのアクセスは数は少なくても、長らく続きましたから、iphoneに対する流れは感じていましたが…

( 目 次 )

第1章 iPhoneの登場  ― 携帯電話業界への衝撃
   (これまでの携帯電話の概念を変える新しいデバイス
    めざましい伸びを見せる販売実績 ほか)

第2章 日本の携帯電話ビジネス、その利点と欠点
   (日本は世界で有数の携帯電話先進国 垂直統合型ビジネスのメリット ほか)

第3章 日本式携帯電話ビジネスの反対に位置するiPhone
   (通信方式の違いだけが問題になるのか GSM方式を採用しなかった日本 ほか)

第4章 iPhoneから見えてくる日本の携帯電話ビジネスの未来
   (「非通信事業者販売端末」が使える環境は提供されるか
     通信事業者の各種設定は公開されている ほか)



正直、読んだ感想を、もの凄く拙く、簡単に書きますと(笑)

iPhone         = パソコンの外部移動端末機で、電話機能がついた。
ニッポンのケータイ = 電話が携帯できるようになり、パソコン・カメラ・ウォークマン機能がついた



おさらい的に、iphoneの特徴で目についた点

①タッチパネルインターフェース
  - 説明書不要に近いのが、日本のケータイと違って面白い
②Mail パソコンで使用しているものが利用できる
  - そ~なんですか。アドレスもパソコンと同じ。 う~ん、じゃ今の携帯って? …
③ウェブブラウザ Safari
  - これもパソコンと同じみたいなもんですね。



で、本題的にはiphoneが日本に上陸した場合、 どういった影響を及ぼすかといった事ですが。

まず、日本の携帯電話ビジネスの特徴は、衆知の事ですが、垂直統合型ビジネスであること。
これによって発生した利点と欠点。

パッケージ化されてユーザーへの負担がすくない。
 (パソコンを買って動かす迄と比較すれば一目瞭然)
インセンティブ等の価格面での問題。


この辺りもきっちりと記載されて、現状がよくわかった。

また、日本と海外の携帯事情、iphoneが日本で発売されるには、また、発売された場合は?そうなるのかの考察にも、「なるほど、なるほど」 … って素人丸出しで、丸学び・丸受け状態でした。(笑)

で、上記のような感想しかもてませんでした。

iPhone         = パソコンの外部移動端末機で、電話機能がついた。
ニッポンのケータイ = 電話が携帯できるようになり、パソコン・カメラ・ウォークマン機能がついた



まぁ、iphoneが日本に上陸した場合に関しての著作のように思ったが、iphoneが出現し、時代がオープン化になっている現状だけでも、
携帯業界の方向性に大きな影響を与えたといえますね。
携帯電話が普及した現状のままでは、既存のケータイビジネスモデルでは収益を取れないんですね。

消費者からいえば、未来の進化形は「いいとこ取りのてんこ盛り」で (笑)

日本 + iphone + α機能 + 安い

 って駄目すか

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL :  http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2968319
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/593-f93044a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。