1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2008/03/19)
りょう、内田有紀 他

商品詳細を見る


クワイエットルームにようこそ 公式HP

久しぶりの映画ネタです。映画も時間が許す限りは見てはいるんですが、最近は「これぞ!」といった感じがなかった。
アクションでも、お笑でも、重い題材でも、ホラーでも何でもいいんですが、自然に湧き出る何かがないんですね。
別に見た映画が悪いといった訳ではなく、見る側の感受性の問題だと言えるんでしょうが。
こう書けばお解りでしょうが、これは良かった、実によかった。


この映画に関する予備知識はなかった。
最初は、見始めた途端、「こりゃ駄目だな」と思った。

正常な人間が精神病棟に隔離される入院記みたいなものだろうと …
また、作風が「ゆる~いお笑い」も受け付けない性分なんで。
(見終わってから「再生」の話と理解したが、「ゆる~い展開の再生」にも感動した事は少ないんで。)



自分が異常である事(自殺願望)に気付いておらず、体調が戻ると共に「この状況を記事にできる!」と思い始める。これで終わりかなと思い始めた矢先、小さな誤解に気付く。
(トイレで吐いている人間が誰かわかった時から。)

そして続けざまに、真実の姿(手紙の内容)を大竹しのぶさんより話されて、記憶が戻る時からがグ~ンとよかった。
(事故だと思っていた睡眠薬の飲み過ぎは、自殺願望であった事が分る。)



この急転直下の重い展開が、完全に見込みを狂わされて引きこまれていくのがわかった。
ここまでの、軽い展開が嘘みたいなのがいい。 
軽い日常に隠れている重い事実に、リアルを感じる。
(重い中での、大竹さんの蓮っ葉な演技もいい。シーンに重さと軽さの両端があるのが …)



この後、淡々と日々を過ごし医者の判断が退院の流れになった時、
机の下で親指を立てるバッチグーのしぐさとともに、心の中の声が「イェ~イ!」というのが、最高だったな。
この辺からの「思わずニヤリ」の小ネタには感じっぱなしだったな。



病院を出て、崩壊に繋がる全ての糸を断ち切ってタクシーに乗る内田有紀さん。
もらった色紙は捨てる。 メルアドも捨てる。(life_is_happy@loop.com)
メアドもらった相手は入れ変わりに戻ってくる。

最後の笑みに、再生の時が宿っている雰囲気を感じたな。
(last music もけだるい感じなのに … )


ようこそ、クワイエット・ルームへ

内なる静かな場所で、立脚点を見つけ、行動を起こし、神様に居場所を決めてもらうのみ。 

クワイエットルームにようこそ (文春文庫 ま 17-3)クワイエットルームにようこそ (文春文庫 ま 17-3)
(2007/08)
松尾 スズキ

商品詳細を見る


クワイエットルームにようこそクワイエットルームにようこそ
(2005/12)
松尾 スズキ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/615-15cab144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 人気脚本家の宮藤官九郎(38)が2005年に演劇界の芥川賞といわれる岸田國士戯曲賞を受賞した「鈍獣(どんじゅう)」が、俳優・浅野忠信(34)主演で映画化されることが20日、分かった。クドカンの舞台脚本の映画化は初めて。映画のために脚本を手直し。浅野は...
2008/07/21(月) 09:44:20 | Newsブログ検索結果BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。