1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)
(2007/09/22)
山口 絵理子

商品詳細を見る


 周りの反対の声の中、私が拠り所にしたことは、

  たとえば尊敬する人の言葉でも、素晴らしい本でもなんでもなく、自分自身だった


 ただ、生きるために、生きていたバングラデシュの人。

  その姿を見ていたら、問いかけられているようだった。

   「君はなんでそんなに幸せな環境にいるのに、やりたいことをやらないんだ?」


 【 目 次 】
  プロローグ
  第一章 原点。学校って本当に正しいの?
  第二章 大学で教える理論と現実の矛盾
  第三章 アジア最貧国の真実
  第四章 はじめての日本人留学生
  第五章 途上国発のブランドを創る
  第六章 「売る」という新たなハードル
  第七章 人の気持ちに甘えていた
  第八章 裏切りの先に見えたもの
  第九章 本当のはじまり
  エピローグ 裸でも生きる


Moterhouse - 株式会社マザーハウス ERIKO BLOG

夜半過ぎからちょっとだけ目を通そうとしたら、最後まで止められなくなりました。
お蔭様で、徹夜で読んだ本です。

TVの『情熱大陸』で放映された後、アマゾンで急上昇したのは知っていました。
TVの影響度は多大なので、「まぁ、そうなるでしょう … 」ぐらいに見ていましたが …。
直ぐにランクダウンしませんでしたが、「TV、TVの影響、そう、多分普通」と見過ごしました。


が、話半分に読んでも、なんと言うか、抱腹絶倒の泣き笑い物語かと思っちゃいました。
(実際は笑えない話ですが、余りの凄まじさに悲しみを通り越して泣き笑いしました。)

生い立ちからして、普通でないことは起業家には多いです。

 ・いじめと、いじめの克服で泣きまくり
 ・ぐれて、不良学生
 ・柔道に目覚め、埼玉県の大宮工業高校で柔道に明け暮れるが、泣きまくりの体ボロボロ
  (最終的には、全国大会7位までになる)


男子しかいない、古豪の工業高校に入学して、耳つぶしたりして柔道やったあたりは凄まじい。
普通の男子学生でも大変な状況です。

大学生活

 ・慶応大学総合政策部入学
   コンプレックスから留学して、殆んど寝ずに英語習得を目指すが、倒れて強制帰国
   帰国後、うつ病となりひきこもる。
   その後、開発学にのめりこみ、竹中平蔵氏の前でプレゼンを行ったりする。

 ・ODAプロジェクト・チームでのリサーチアシスタントを行う。
   ここでも、いい仕事に巡り合った為、先輩方の嫉妬といじめで泣きまくり
   徹夜近くの激務で体ボロボロ

 ・米州開発銀行の夏季雇用でワシントンで働く
   開発・国際協力を勉強してきた事と現実の乖離を感じる


そして、運命の検索 『アジア最貧国』 と入力すると、『バングラディシュ』

ここで、自分の思いだけで、すぐに行動を起こすところがありえないといういか、凄い。
まさに直情径行型の典型で、まさに日本男児 … 失敬、大和だましい撫子。

バングラディシュに向かい、その経験で、教科書と違う途上国の現実を知る

 ・初めてのスラム
 ・汚職、汚職、汚職、賄賂、賄賂、賄賂 … 全てが賄賂
   金がなければ、水道工事もされず、車にはねられても警察官から無視されて泣きまくり



ここで、ジュード(天然繊維)に出会い、「途上国発のブランドを創る」との思いから、起業しマザー・ハウスを創業を決心する。

 ・工場探しで明け暮れ、相手にされず泣きまくる
 ・裏切られ、騙され、泣きまくる
 ・やっとバッグ作って、一人で日本に持ち帰る(160個)


戻ったら戻ったで、売る為の方策をここから考える。
ちゅうか、それぞれが一からで流れのようになっていないのが有りえない。
そうであって、頓挫しない事の方が、もっとアンビリバーブルです。

 ・起業の為にあらゆる本を買い漁り、各方面で調査し設立。
 ・アルバイトしながら業界知識の習得。        
 ・ウェブサイトを独学で勉強して、サイト販売開始。  ・輸入機関、卸等への面談などで相手にされず、また泣きまくり
 ・運よく東急ハンズと環境gooで取り扱ってもらい、売れる

 ・ビジネスでない事に気付いて、バッグ職人修行でしごかれ、泣きまくり

 ・バングラディシュに戻り、これまでの工場で製造開始するが、
   パスポートを盗まれるなど不信感が募り決別で、苦い涙
 ・新工場を探すが、またしても騙され、泣きまくり


ここで、やっと騙されない・裏切られない「仕組み作り」を実感し、現地スタッフ雇用を思いつく。
日本での会社も人数が増え体制を整え、直営店の設立を行う。


理念のみで突っ走り、ほぼ騙し・裏切りの連続で泣きまくり。
活動は全て思いつきで、徹夜続きの、倒れまくりの、泣きまくり。
このブログで、書いているよりも、ひとりぼっち感と泣きまくりの描写がだけが妙に印象深い。

そう一番感じたのは、暗く湿った孤独感・寂寥感だった。
それでありながら、美しい心と理念(思い)と、泥の中で裸でもがき続けた行動が、現実を作った。

まさに、25歳の超絶なエネルギーを感じた1冊でした。
恐らく、いつの日か最初に思いつきで言っていた、政治家になる日がくるように思います。


 バングラディシュの皆に比べて山ほど選択肢が広がっている私の人生の中、

  自分ができることはなんだろう。

   それは、まず自分自身が信じる道を生きることだった。

 たとえ、裸になってでも自分が信じた道をいく。

  それが、バングラディシュのみんなが教えてくれたことに対する私なりの答えだ。



God Bless You! Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
トラックバックURL : http://blog.mbs.jp/cgi-bin/mt-tb2.cgi/443
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ケイエムさん本当に更新早いなぁ。 ところでこの本の著者のような、バリバリ仕事をこなしそうな女性って・・・魅力的なのかな、やっぱり。 私は尊敬はするけど、友達にはなれそうもないかなって思っちゃいます。 でも本当は女性でもビジネスに目覚めなきゃダメですね。 
2008/04/06(日) 21:58 | URL | genfavbook(シャイドリーマー) #8w8Th2ek[ 編集]
私が本読んでいるのは、個人的な事もありますが、
会社でのフォーラムの為でもあるんで、
どうしてもビジネス方面にならざる得ないんで。

私、基本的、女性好きなんで、
年上からちっちゃな女の子まで、
皆、魅力的に思います。(笑)
(曲解されませんように(願))

>でも本当は女性でもビジネスに目覚めなきゃダメですね。

基本的にどんな生き方でも、いいと思ってます。
それぞれが自分の人生なんで …

その人が生き生きして、
幸せを感じる生き方であれば。
(他人様に迷惑かけないのは当然ですが)
で、+α、魅力的で惚れぼれするようであれば、なおいいです。
(あくまで、個人的な独断・偏見ですが)

この後、出す記事も含め、
勝間さん、山口さん、ともう一人、
皆キャラクターは違います。

今の時代は女性の方が、多様な生き方で素晴らしいのかも…と思います。

genfavbokさんの「元気をくれる本」も、
シャイドリーマーさんの「シャイドリーマーの詩」も
素晴らしい生き方の一つだと思っています。
(ランキング、アクセス数、コメント数もこのブログの遙か上で、凄いし。
そう、考えると、やり手の女性と言えますし(汗))

あと、「初めてのホームステイも」でした。(笑)

とりとめがなくなったんで、終わります。(笑)

では、また
2008/04/06(日) 22:23 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/657-5e2a01b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バングラデシュ に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
2008/04/06(日) 23:00:28 | 人気のキーワードからまとめてサーチ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。