1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆりちかへ―ママからの伝言ゆりちかへ―ママからの伝言
(2007/10/01)
テレニン晃子

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  ゆりちかへ

  リョーニャのこと(パパのこと)
  けんか
  お友だち
  子どものころ
  勉強
  学校・先生
  お金
  おそうじ、整とん
  女の子ということ
  おしゃれ
  ダイエット、食べること 
  生理・体の変化
  恋
  Sexのこと

  音楽、本、映画

  ママの闘病記1
  ママの手帳から
  ママの闘病記2 


母から残される事になった 娘"ゆりちかちゃん"に宛てた遺作です。
素直な言葉で、伝えておきたい事柄について書いてあります。

かなり、前に読んだのですが、なにも書く事ができずにいました。
自分の中でのある思いからですが、書くべきだとの思いが強くなり …



長く生きていると、突然、大好きな人を失う事を経験します。(男女に関係なくです。)
僕にもその経験があります。

たとえ、足らない部分への辛辣な言葉であっても、無言の別れよりかはいいと …
(僕の経験した時は、憎しみの言葉であっても欲しかった。)
その時に十分語りあえていれば、一時的に悲しみ堕ちても、語った思いを胸に未来に向かうと。

何も残らなければ、
「自分に対する言葉があったのでは?」
「何を伝えかったのだろうか?」       … 等々、尽きない思いにとらわれます。


「子孫に美田を残さず」といった格言があります。
でも、子孫でなくとも大事な人には、何かを残したいと思う気持ちはあると思うんです。

"美田"を残してもいいとも思っています。
思いを伝えていれば、"美田"の為に変んな事にはならないと。

大切なことは、「伝えたい思い」… 「真の心」… じゃないかと。



母と娘であれば、この世で最も強い絆でしょうから、「伝えたい思い」は、なおさらでしょう。
今、愛する人がいて、残したい思いがある人には、何かが残る1冊でだと感じています。



僕自身は、全くのダメダメな部分が多々ある人間ですが、

  日常生活を過ごしながらも、大事な人に何かを伝えておきたいと思ってきましたし、

    これからも、いや以前より増して、改めて感じました。

語る事ができなかった僕より Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2931502
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/673-df4245c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。