1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経常利益率35%超を37年続ける 町工場強さの理由経常利益率35%超を37年続ける 町工場強さの理由
(2008/03/20)
梅原 勝彦

商品詳細を見る


 【 目 次 】

第1章 驚異の記録~37年連続売上高経常利益率35%以上

利益の源泉は基本にあり……18
最新の経営手法、財務戦略などないけれど…… 18
三つの基本を愚直に実践 19
図面をみせると製品が出てくる?……22
短納期へのこだわり 22
注文の約七割が当日に発送 25経営者は利益にこだわれ……27
いい仕事をしていても利益が出るわけではない 27
仕事は適正な価格で受けなければならない 28
創業以来三七年間、同一価格 30

第2章 町工場こそわが人生

親方になってお家再興……34
小学校二年生で一家離散 34
一二歳から職人に 36
「親方になる」夢をもつ 37
自動旋盤との運命的な出会い……40
二二歳にしてベテランの職人 40
独立のきっかけとなった出会い 41
市場があって技術があれば必ずものになる……44
新婚旅行の直後に独立を決意 44
念願の親方に 47
強い志があれば必ず道は拓ける……48
再び運命の機械との出会い 48
エーワン精密の創業 50
経営者は本気で夢を語れるロマンチストであれ 51
絶頂期に次の手を打つ 54
先を読んで動く……57
いったんやると決めたら躊躇しない 57
素人だからこそ新しい発想ができる 61
強い志が成功へとつながる 63
もう一度汗をかけ……65
マンネリ状態に陥らないために 65
創業時のハングリー精神を再び喚起 69
私が税金を嫌がらない理由……71
税金は気持ちよく支払うべき 71
夜間中学への入学 72
税金にいいイメージをもった瞬間 76
町工場だって上場できる……79
上場を決意した理由 79
上場によって得た思わぬメリット 82
子どもに会社を継がせない……85
代表取締役社長を退く 85
世襲は必ず行き詰まる 86

第3章 短納期の秘密

短納期だけれど時間はかける……92
大事なのは作業に取り掛かるまでの時間 92
受注から作業までの流れ 94
他社が短納期をまねできない理由……97
モノづくりに余計な管理は不要 97
すべての在庫が悪ではない……100
いい在庫、悪い在庫 100
機械の稼働率には三割の余裕をもたせる 101
短納期を実現できる最大の要因は社員のモチベーションの高さ 103
自前の販売網をもつ……105
製品の発送も自分たちで行なう 105

第4章 これが利益を出す経営だ

終身雇用は当たり前……108
やる気は安心して働ける環境からわき出るもの 108
儲けが出たらきちんと社員に還元する 109
社員は社長の背中をみている……111
社員重視、株主軽視の経営 111
社員軽視の考えこそが無駄そのもの 113
経験者より素人のほうがいい……117
いい社員がいい社員を連れてくる 117
採用にあたってこだわっていること 119
組織がなくても問題なし……121
組織や肩書きは不要 121
仕事の責任は会社がとる、ひとりの責任は社員全員でとる 122
立ち話が会議の代わり……124
会議の時間は年間三〇分以下 124
タイムカードはいらない……126
管理せずに社員の良心に任せる 126
サボる社員がいるのは社長に問題がある 127
給料は年功序列、賞与は実力主義……129
給与額が年功序列の理由 129
支給日前に退職した社員にもボーナスを支払う 131
不況のときは次の好況の用意をする……133
売値には不況のときのしのぎ代も織り込んでおく 133
不況時には安易に価格を下げるな 135
会社を出たら私人……137
会社の外では挨拶するな 137
たとえ社長でも、社員のプライベートの時間まで奪う権利はない 139
第5章 成功するために必要なこと

起業できる人、できない人……142
起業できるかどうかを測るものさしは強い志があるかどうか 142
志をもつ人だけがチャンスに気づく 144現代の若者はひ弱か?……147
やらなければならない状況におかれたら何でもやれる 147
若くして妻子ある人を優先的に採用 149
お金に負けない生き方……151
お金で買えないものはある 151
まずは人間としての土台づくりを 152
学問のススメ……156
苦難に耐えられるだけの人間力を磨く 156将来、社長になるための準備としてするべきこと 157
読書と早起き……161
自分磨きのための読書 161
朝時間の有効活用を 163
私の成功は内助の功があったから……166
実家の反対にもかかわらず辛抱強く支えてくれた妻 166
仕事に口を挟まず、愚痴もいわず 169

第6章 日本のモノづくり再生計画

危機に立つ日本の町工場……172
ギリギリの状態の町工場 172
町工場の五割が廃業待機状態 174
中国や東南アジアに町工場の代わりはできない……176
日本の町工場の品質は世界一 176
外国産が安いわけではない 178
日本の中小企業はもっと利益に執着せよ……180
唯一、日本の町工場が世界と比べて劣っているもの 180
お互いに足を引っ張り合う日本の町工場 181
日本は移民を受け入れるべき……183
人手不足の解決策 183

外国人労働者を受け入れると技術が盗まれる? 185
企業家賞で知名度アップ……188
会長にならなかった理由 188
企業家賞の受賞 189
梅原モノづくり財団(仮)設立に向けて……192
モノづくりへの恩返し 192
モノづくりを若者にとって魅力のある産業に……195
次代を担う後継者の育成を 195


僕が勤める会社の利益率に関して、昨年ぐらいから考えさせらる事がいくつかありました。
そうこうしている内に、勝間さんの『勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─』が出版され、少子化などの社会情勢からも見た内容には舌を巻きましたが、いかに実務に適応させるかがキモだなと。

本書は、書店で見ましたがちょっと購入するのはためらいました。
し・か・し、土井氏は絶賛、小飼氏も認めている内容の書評を読み手にとってみました。
書評に違わぬ、物凄くヒントになる・真似できる実践的な著作でした。
現場レベルで営みをしている僕からみると、ホントにスゴ本だと思います。


町工場と言いながら、表紙の実績(アンビリーバブです、ホント)のキモはシンプルです。

 製造業の基本、高品質、短納期、適正価格の三つを、愚直に実践してきた結果なのです。


「高品質、短納期、適正価格」を目標にする企業は多いですが、詳細を読むと真実なのが判ります。

 ・当日午後3時までに受けた注文の約7割は、その日のうちに発送。
  残りの3割は翌日、午前中の仕事としているのもキモです。
  体制に余裕をもっておき、他社なら絶対引受られない注文も受ける。
  (これは、顧客の要望に対応できるだけでなく、利益も高めにできるというポイントが大きですね。)

 ・適正価格で受注する。
  適正価格とは、材料費・社員への給与・教育費・設備投資金を含むだけでなく、
  好況時には、不況時の為の「しのぎ代」を含めておくと。

 
これは、誰でも考えられる事ですが、何故これができるのががキモですね。
それは、「No1でなければやらない、No1になれる分野に」といった、梅原氏の志向と行動があったからですね。
その他でも、「梅原氏の考え方」がこの会社の基軸だと思える部分ばかりです。

 ・「社員重視、株主軽視の経営」
 ・社員4、5人の時代に工場用地、5000坪を購入


「社員重視、株主軽視の経営」 - 上場されているのに、これを本書で名言しているのが恐ろしい。(笑)

このあたりは、高尚なマネジメント理論とかでなく。、地に足がついた「社員に対する信頼」を強く打ち出しています。シンプルな考えで、「人が動く理由はこうだよ」と。
(目次の赤字部分を見ていただければ、十分わかりますね。)

その他、受注方式もアナログ(FAX、伝票)を生かした方式にも、考えさせられました。
こういった、生きた知恵といえるノウハウは、どんな会社・業種でも真似する事はできるはずですね。
愚直な部分から始まる、中小企業には必読の1冊だと思いました。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02982644
404 blog not found トラックバックURL : http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/51030639

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/724-e7087859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - 経常利益率35%超を37年続ける 町工場強さの理由
2008/10/03(金) 09:53:41 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。