1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書 349)グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書 349)
(2008/05/16)
岡本一郎

商品詳細を見る


トラックバックURL : http://app.blog.livedoor.jp/smoothfoxxx/tb.cgi/51416996

マインドマップ的読書感想文 【メディアの未来】 グーグルに勝つ広告モデルにそそられて、読みました。

 本の帯にある「広告・マスコミ関係者必読!」という言葉にハゲシク納得。
 (中略)
 マジで今読んでおきたい1冊!


まさに、このとおりです。

広告・メディア業界には、畑違いで詳しくなくとも、十分面白い。

個人的には、実務に即役立つか、モチベーションアップになる本が好みなんですが。
良く分らない業界の話である広告関係の著作には、非常に感銘する事があります。
人間の心理把握や、商品となる広告・アイデアに関して深い洞察に痺れていると自己分析しています。

たとえば、以下の2冊。
明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)
(2008/01/10)
佐藤 尚之

商品詳細を見る

案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」
(2008/03/28)
山本 高史

商品詳細を見る


本書は、マスメディアとネットの状況関する分析が、非常に理論的に展開しながら、図・表・箇条書きを使い、実にわかり易くまとめられています。分析でなく、著者は自分なりの提言・主張も明確に表明している部分も、結論をより判り易くしていると思います。
特に、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌 とネットを個別に対比させた分析は秀悦で、私の思いこみを再考させられもしましたね。

これまでも、この類の著作は面白かったりするのですが、理路整然、まとめとともに展開する構成に惚れぼれした1冊。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3004354

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/736-a70102c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。