1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独身王子は早く死ぬ? (ピンポイント選書)独身王子は早く死ぬ? (ピンポイント選書)
(2008/06/12)
牛窪恵

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  はじめに 増え続ける「独身王子」と、二極化する初婚年齢
  第1章 「ビジネス&健康」で一番トクするのは?
  第2章 「趣味&恋愛」で一番トクするのは?
  第3章 「子作り&子育て」で一番トクするのは?
  第4章 「マネー&介護」で一番トクするのは?
  おわりに 「漠然と先送り」ほど“ソン”はない!



独身王子には、「まずい、劇烈にまずい」と感じさせる一冊。
うろ憶えだが、前作では独身王子の分析的内容だったと思うが、今回は独身王子に対する一種の最後通告とも言えるんじゃないかと。

「早婚、晩婚、未婚。 どれが一番”トク”をする?」とあるが、結論的に言えば、間違いなく未婚がまずい。
(前提条件として、結婚生活が普通の状態)
”おわりに”でも明言しているが、『「漠然と先送り」ほど“ソン”はない』と。

目次を読んでいただければ分ると思うんですが、晩婚になればなるほど短期間でこれだけの事をこなさなくてはいけなくなる。
普通に考えると、身体・精神どちらの体力も落ちて行くはずだから、キツイはずですね。

しかし、データ・数字をもとに現実を突き付ける内容を最後まで読めるんだろうか?
危機感が相当無いと、イタ過ぎて完読・熟読できないような気がする。
私は、不利益を感じる部分は、あらぬ方向を見ながら、読み飛ばしました。
ロナウジーニョ・パス・リーディングと言います … 嘘です(笑)

まぁ、ある程度の年齢になると、身内も親戚のおばさま方々も独身王子を
あまり心配しなくなるだろうから、カンフル剤としてはいいんじゃないかなと。

 いまや、『偽装結婚』ならぬ『武装結婚』が必要な時代なのだ!


『武装結婚』っすか … トホホですな。
読む数字、読む数字が、イタタの一冊。(マジです)
命短し、婚せよ独身王子 って事ですか … 


本書の参考文献 : 読むのが怖い(笑)

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)
(2008/02/29)
山田 昌弘白河 桃子

商品詳細を見る


30女という病――アエラを読んでしまう私の悲劇30女という病――アエラを読んでしまう私の悲劇
(2007/11/13)
石原 壮一郎

商品詳細を見る


20代・ハッピー☆パラサイトの消費のチカラ―なぜ彼らは、こんなに買ってしまうのか?20代・ハッピー☆パラサイトの消費のチカラ―なぜ彼らは、こんなに買ってしまうのか?
(2007/11)
牛窪 恵

商品詳細を見る


なぜ日本にはいい男がいないのか 21の理由なぜ日本にはいい男がいないのか 21の理由
(2007/02/25)
森川 友義

商品詳細を見る


結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)
(2007/01)
小倉 千加子

商品詳細を見る


30代未婚男 (生活人新書)30代未婚男 (生活人新書)
(2006/06)
大久保 幸夫大宮 冬洋

商品詳細を見る


独身王子に聞け!―30代・40代独身男性のこだわり消費を読む独身王子に聞け!―30代・40代独身男性のこだわり消費を読む
(2006/02)
牛窪 恵

商品詳細を見る


負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)
(2006/10/14)
酒井 順子

商品詳細を見る


結婚がこわい結婚がこわい
(2005/03)
香山 リカ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3008257

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あわせて、婚活時代、なぜ日本には~のご紹介も、ありがとうございます。いやあ、わたしも、息子のことを思うと、とても他人事ではありません。
2008/07/01(火) 00:10 | URL | 干場弓子 #/SrknL2.[ 編集]
度々の訪問とコメント有難うございます。

『婚活時代』は読んだ当初より、
時代の趨勢を捉えた良書だと思っていましたから。

言葉も広く認識され出していますが、
なによりこの本の分析が素晴らしいと思ってます。
(当事者(笑)だとも言えるんで、
実によく分る)

それとこの題材を選んだ事も凄いです。
なんと言ったらいいか、上手い言葉がないですが、
今、分析・提示するコンテンツの選択眼がですね。

軽い題材にも思えますが、
最終的には日本の将来に関わる少子化と関連してますから。

僕も頑張ります(爆)
2008/07/01(火) 00:53 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/771-7a52a40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
独身王子は早く死ぬ? (ピンポイント選書)プレジデント社発売日:2008-06-12amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 【本の概要】◆今日ご紹介する本は、「モテ本」とまではいかないものの、その前提となる「意識」を変えてくれるかもしれない一冊。 すでに、ケイエムさん...
2008/06/30(月) 08:40:08 | マインドマップ的読書感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。