1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たった20秒!“あッ”という間の説得術―一瞬で人の考えを変え、行動を促す話し方のテクニックたった20秒!“あッ”という間の説得術―一瞬で人の考えを変え、行動を促す話し方のテクニック
(2008/06)
内田 賢司

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  序章 一瞬で人を説得する極意
  1章 なぜあなたは説得が下手なのか?
  2章 時間のかけ方を工夫する―説得の第1ツール
  3章 断りにくい状況をつくる―説得の第2ツール
  4章 相手の性格を逆手にとる―説得の第3ツール
  5章 駆け引き上手になる―説得の第4ツール
  6章 ときには自己犠牲を買って出る―説得の第5ツール
  7章 もし断られたらどうするか
  8章 説得に使える「奥の手」はこれだ!
  9章 やっかいな相手には、こう切り出してみる!―タイプ別説得法 
  あとがき


C.N.S 株式会社 話し方研究所

 ・説得とは、相手にどんな働きかけをすればいいのか、
    この疑問に対する追及が全てであると言っていい。
 ・説得にもっとも必要なのは「相手が心を決める瞬間への働きかけ」


”まえがきにかえて”のこの部分で衝動買いしました。(笑)
書名の”たった20秒”にも、興味が出ました。

私自身は人の説得経験は少ないですが、説得の場面に遭遇したり同席を求められる事は結構有りました。
その流れを客観的に見ていると、人を説得しはじめて難色を示された場合、長時間説得してもなかなか上手くいかない事が多いように見受けられます。

そういった場合、仮に説得に成功したとしても、その他の説得内容よりも付随条件(立場などの人間関係や義理)で断れず受けた場合が多いですね。
その後の展開が少しでも悪い場合は、説得者、被説得者ともに他責的になりやすく、かなりやっかいな状態になり易いと感じてんます。

これは、それぞれの考え方次第なんですが、以外と明確に認識していない人が多いような …

 < 説得者 >
  自分の説得が上手くいって納得してもらえた。
  反論や条件が無かったので、申し分無く受け入れられたと。
  クールな判断をする人だと、受け入れたのだから被説得者の自己責任になった。

 < 非説得者 >
  強く、長く説得されて、いい内容ばかり聞き雰囲気でその気になった
  立場、人間関係から受けざる得なかった。
  主体者は説得者で、自分は追従したので自分なりに …

同席を求められる場合(どちらの場合もある)、求める人は自分の味方(当事者の一人)として、もしくは証人的な意味合いがあるのですが、その場合の私の方針としては、他責になり得る原因を潰し、両者が納得するようなつもりで話します。

説得者には説得責任があり、その後のフォロー責任がある事を認識させ、被説得者には自律的に選択するようにと …
この場合のポイントはできるだけ前もって、両者の真意を聞いておいて、言いずらい部分や話さない部分をそれなりに題材に上げます。
時には被説得者、時には説得者の立場として。

これが裏目に出る場合もあって、両者から「二人は合意してるのに、お前何いってんの?」って言われた経験があります。(笑)
しかし、こういった時程、後々の展開が悪い場合は、両者から相談受けたりしてもう激大変。
要は互いに、独善的な合意はアカンと思うのですが、早くその場を収束したいから易きに流れて、難となるです。

かなり話がずれましたが … (笑)
本書は「説得のルール」を5つに分けています。

 1.時間のかけ方を工夫する
 2.断りにくい状況をつくる
 3.相手の性格を逆手にとる
 4.駆け引き上手になる
 5.時には自己犠牲を買ってでる


ツールというとちょっと打算的にも感じますが、「説得にかける時間の多くは自己満足に費やされる」と書かれていましたとおり、相手の気持ちを察して氷解させて決めて頂くための”大人の知恵”として使えば有用であるかなと。

人の説得に興味が無く自分の体系を持ってない人(私かな?)だけでなく、自己経験から自信満々の人が読んだ方が面白いのではと感じた1冊です。


ただ、基本は何を言ったかではなく、誰が言ったかが被説得者の判断基準として大だと思いますんで、まずは信頼される人になる事が、ステップ・ワンだとも思いますが …

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3014571

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/792-6a2e44d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。