1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたらしい戦略の教科書あたらしい戦略の教科書
(2008/07/15)
酒井 穣

商品詳細を見る


 はじめに
 第1章 戦略とは何か?
  1 戦略とは「旅行の計画」である
  2 大学受験の戦略を考える
  3 戦略は、時間とともに成長する
  4 戦略における完璧主義のワナ
  5 戦略は中心メンバー選出から始まる
    コラム 戦略と戦術の違いとは?

 第2章 現在地を把握する 情報収集と分析の手法
  1 情報力が戦略を簡単にする
  2 集めるべき情報・行うべき分析とは何か?
   ・コラム フェラーリの競合とは?
  3 顧客情報こそキングである
  4 情報収集の3つのステップ
  5 情報収集の現実
  6 情報分析の基本

 第3章 目的地を決定する 目標設定の方法
  1 目標は何のためにあるのか?
  2 目標設定の怖さを理解する
  3 戦略立案を刺激する優れた目標・5つの条件
    ・コラム 「熟達目標」という考え方

 第4章 ルートを選定する 戦略立案の方法
  1 戦略は本当に必要なのか?
  2 スイート・スポットをシェアし、戦略を育てる
  3 新しいアイデアが本当に求められるとき
   ・コラム 戦略の立案力を養うトレーニング
  4 クイック・ウィンのテスト・ケースを走らせる
  5 立案される戦略の構造
  6 やめるべきことを常に探す
  7 リスク対策と、代替案の準備を忘れずに
  8 戦略のキャッチ・コピーを考える

 第5章 戦略の実行を成功させる
  1 人を説得するための方法論を知る
  2 組織トップのコミットメントをマネジメントする
  3 組織内で、危機感と希望を共有する
   ・コラム 魔法の数字 7±2
  4 情熱の伝染を起こす
  5 組織内に、「やさしい空気」をつくりだす
  6 戦略の実行に反対する人々との戦い
  7 戦略の実行に使えるノウハウ集
   ・コラム カーナビに学ぶ戦略の実務

 あとがき
 付録 さらに戦略の理解を深めたい人のための書籍&DVD
 主な参考文献


マインドマップ的読書感想文 トラックバックURL : http://app.blog.livedoor.jp/smoothfoxxx/tb.cgi/51468601
404 Blog Not Found トラックバックURL : http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/51075977


出版されてすぐに購入しましたが、やっと読みました。
正直な話、こんなに早く酒井氏の次回作を読めるとは思いませんでした。
鮮烈なデビュー作で、あれだけの評価を受けての次回作は、時間がかかるのではと思っていましたから。


で、今回の題材は「戦略」。
自分のおかれた状況から見ると、非常に不思議な感じでした。
それは、リアル生活も様変わりしだした僕が必要としている著作だったからでした。

僕の勤める会社は、中小企業ですが、戦略的には明確に数年後の目標・目的地があります。
(自慢でなく、非常にすぐれた方向性と思ってます。)
が、僕が所属する部門は売上は達成しているが、全社的に影響を及ぼすぐらい状況が悪い。

自責的、かつ冷静に判断した場合の問題点を考えると …

 ①現場マネジメントの問題
 ②未来につながる戦略の問題


「いずこも同じだよ」とも言えますが、①に関してはマネジメントで失態が続き表面化。
②に関しては、揺るぎない全社的方向性はありますが、部門として如何にその方向に導くかの戦略は、
現実の仕事を追いかけているので汲々としている。
で、「おまえどうにかしろよ」ってワケで、ここ1ケ月ぐらい苦悶苦闘状態。(涙)

中堅どころのモチベーション低下を支え、経営どころからの避難・叱責にも「あい」と答えて(笑)、
現場レベルから「ぶちあげちゃ~ぜ」ってやってました。
(このあたりは前作の「ミドルアップダウン」が拠り所)

しかし、マイナス状況は決して悪いわけじゃないと思っていました。
マイナス状況でこそ起こせる事があると。
”はじめに”記された、この言葉から今の現実は始まってます。

 すべての問題の原因は、必ず過去にある。


そう、明確なマイナス状況でこそ、過去を見つめる事ができ、そこをチャンスとできるか?
失態を起こした人間にしても、いや、した人間だからこそ強く感じているはずですから、
よく話して、リカバリーの道を残していれば、十分理解できるはずじゃないかな?って … 実際、そうなってます。
(ここは、全員とは言わないが普通のビジネスマンなら)


そして、そろそろ、その辺りも落ち着いてきましたから、マイナス仕事からプラス仕事に転じる所でした。
で、本書。
ほんと、「溺れるものは、教科書をつかむ」の心境で、「掴んだよ、おいら。」でしたから。(笑)

で、印象に残ったいくつかを記すと …

 顧客情報こそキングである。
 競合と競うべきは顧客情報。


原点から始めようとしている部分がある者(私)にとっては、頷きました。
足元はこれですね。 戦略とは誰が為に。


 失敗とは成功を生み出すための、高額な必要経費


これも現状にぴしゃりです。
「後の方が支払が多くなるから、失敗を前払いしたんだ。」って。


 戦略の立案を密室で行う事は、犯してはならない「現代社会のタブー」


失敗の代償として、今、より一層のガラス化・見える化を初めてます。
同時に見る代償としての、自己責任も必要となりますが。

インタビューに関しては、本書のごとくすべてを忌憚なく話しました。
これも、現場迎合とか避難ありました。
現場迎合のつもりは無く、正しい解を得るための状況把握だったんですが。
おかげで、皆が如何に色々考えているか、同時にいかに独善的かも認識できました。
(独善的とは、批難でなくコミュニケーション・エラーといった意味ですが)



とりあえず、前作はじめての課長の教科書合わせて、リアルに実践できる部分はトライしてみようと。

酒井氏の2作とも、教科書と銘打った著作ながら、リアルな状況対応も記されている部分が面白いです。
冷静な分析調の著作でありながら、熱さも何故か感じます。(現実に打ち克つ事を見つめた)
以前の音楽での投資の話にも、愕然としましたし。
(情熱の表現はこういった方法もあるのかと … 同時に、実行している粘着力にも)


来年の今頃、必要経費の支払いに追われているかもしれませんが、
払い戻しの時は2作のおかげ、支払い中なら自己責任という事で(笑)、
レッツ・ビギンでございます。

この時、この場所での … 私の「戦略の教科書」

A book in need is a book indeed! Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3024561

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まいどー、著者です。これだけ深く読んでいただければ、執筆した甲斐があったというもの、幸せです。

おしゃるとおり、身の丈に合わない処女作の成功はしかし、期待を裏切る形でしか出せません。そのコントロールは、タイミング命なのです。

次回作にも、ご期待ください!
2008/07/23(水) 04:02 | URL | 酒井穣 #enDmEMOA[ 編集]
コメント有難うございます。

>おしゃるとおり、身の丈に合わない…

いえ、いえ、いえ(汗)、そんな事は思ってません。


>期待を裏切る形
優れたクリエーターの方程式ですね。

本書出版のスピードにこれを感じました。
次回作にも当然、期待させていただきますが、
私の場合は、とにもかくにも、まず、これまで2作からです。

記事にするや否やのコメント、
本当に有難うございました。
2008/07/23(水) 08:58 | URL | ケイエム #-[ 編集]
昨晩、ワインをたっぷり飲んだ後に、頂戴した書評に喜んでコメントを書き込んだので、なんだか良く解らないコメントをしてしまいました(汗)。申し訳ありませんでした。

課長が想像以上に売れてしまったので、周囲の期待が自分の実力以上のレベルにまで高まってしまい、プレッシャーを感じます。

そんな中で、こうした嬉しい書評をもらえると、本当に救われる思いがするのです。

今後とも、よろしくお願いします。
2008/07/23(水) 12:39 | URL | 酒井穣 #enDmEMOA[ 編集]
ご返事のコメント遅くなりました。

>昨晩、ワインをたっぷり飲んだ後に~

いや~、なにかいつもの酒井さんのコメントにしては勢いがあるな~って感じてました。(笑)

>なんだか良く解らないコメントを~

でも、私なりにかなり納得するコメントでした。

>期待を裏切る形でしか出せません。

このコメントは、デビッド・ボウイーを彷彿とさせられましたし …
すぐれたクリエーターは、望まれた形とは別の方向性を示すものだと。
すなわち、発信者は常に進化しているという意味で。

>そのコントロールは、タイミング命なのです。

”タイミング”といった件も本書内容にそぐった内容ですし、
いつ発信するかもコンテンツの内容に含まれる一部分だと読み取りました。

こんな拙い記事なのに、逆に2度もコメントいただいて、申し訳ない気持ちです。
<(_ _)>

あのぉ~、当然ですが次回作にも期待はしてます。

それと、書き損じてましたが、Chaboの活動に酒井さんのお名前があった事にも、素直に感動しました。
尊い行動が実るように願っています。

2008/07/24(木) 00:19 | URL | ケイエム #-[ 編集]
本当に、救われます。こうして、直接自分の本の読者の方とコミュニケーションを取れる手段のある現代社会に感謝します。

デビッド・ボウイですが、『ジギー・スターダスト』が名盤ですね。あの時代の彼が最高だと個人的には思います。初期ということになってしまいますが・・・(笑)。
2008/07/24(木) 05:18 | URL | 酒井穣 #enDmEMOA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/801-478d1309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。