1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンブリア宮殿、録画し忘れた!(泣)
今日はどうしても見たかったが、三連休もほぼ仕事づけで忘れていた。

サフィア・ミニーさん、やっと表舞台に出てきましたね。
(その世界では有名だったのでしょうが)
川鍋一郎さんにしろ、サフィア・ミニーさんにしろ、カンブリア宮殿の選択肢はいいですね。
とりあえず、知って欲しかった人なので、再掲載します。(って最近こればっかりだな)

-----------------------------------------------------------------------------


おしゃれなエコが世界を救う 女社長のフェアトレード奮闘記おしゃれなエコが世界を救う 女社長のフェアトレード奮闘記
(2008/05/15)
サフィア・ミニー

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  はじめに
  第1章 「ヘンなことをいう、ヘンな外国人」――ロンドンからバブル全盛の東京へ
  第2章 自分で稼ぐ!――ティーンのころから磨いたビジネスセンス
  〔コラム〕ダボス会議でアンジー&ブラピと昼食
  第3章 日本からフェアトレード・ブランドを発信する――公私入りまじる、てんやわんやの起業
  〔コラム〕世界一かっこいいお母さん
  第4章 利益よりも人を優先しよう――「アンフェア」はもういらない
  〔コラム〕デリーからこんにちは
  第5章 世界へ飛躍する――人が支えるフェアトレード・ビジネス
  〔コラム〕ダライ・ラマへの質問
  第6章 おしゃれにエコライフを楽しむ――毎日の暮らしから結婚・出産まで
  第7章 社会企業家にできること――世界を救うのは、あなた
  おわりに


俺と100冊の成功本 トラックバックURL : http://blog.zikokeihatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1376

グローバル・ヴィレッジ
People Tree

読んだ感想を端的に言えば、読んでいる途中で印象が変わっていった本。

 副題にもある「フェアトレード」とは?

 公正取引(こうせいとりひき、英:Fairtrade、フェアトレード、公平貿易)は、
 発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、
 立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動。
 オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)とも言う。
 from Wiki


”はじめに”の出だしから、リアルな話で始まってます。

 あなたは、自分の着る服がどこからきて~(中略)

 その服を作った人は、アジアの工場で1日に16時間もミシンを踏み、月に2日しか休みがないのに
 わずか2,300円の月給しかもらえないのかもしれません。



読み出した直後は、『裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)』の山口絵里子さんの未来の姿を彷彿とさせられました。

 第1章 「ヘンなことをいう、ヘンな外国人」――ロンドンからバブル全盛の東京へ
 第2章 自分で稼ぐ!――ティーンのころから磨いたビジネスセンス
 第3章 日本からフェアトレード・ブランドを発信する――公私入りまじる、てんやわんやの起業


ここでは、日本的とも感じる、人との出会い・めぐりあいに対する思いや、良心・正義心から義に熱い部分も垣間見えましたね。
”てんやわんや”もぴったりの表現といえます。
なんせ、「仕事も家庭もひとつ屋根の下」で、出産後も休んだのは2日だけと … 。

第4章以降は、現在のアンフェアな状態に対する熱さを感じさせられましたが、
ビジネスへの側面も見せられてリアルであったとともに、感銘させられました。

資金繰りに関する苦労が詳細に描写されていながらも …

 フェアトレードはビジネス
 チャリティでもボランティアでもありません
 資金繰りは苦しいですが、それでもプロフェッショナルに運営される事業として続けねばなりません

 フェアトレードが事業として成り立つということを、世界に証明してみせる
 それが、私たちの使命でもあるのです


フェアトレードを行う先駆者としての、命題ズバリだと。

このビジネス感覚にも、偏りがなく、フラットで、柔軟な視点が、よりフェアに感じました。
NGO主催の「世界社会フォーラム」に参加した感想から、翌年はダボス会議に参加してます。

 政治家が参加していないため、実際に世界を変える力にはなりそうにもない、というものでした。
 問題を広く伝えるためには、多様な人々のミックスが必要ではないかと気づきました。


同じ志でのフォーラムは社会的な認知させる事で意義があるでしょうが、そうでない人々に影響を与えることは等しく重要ですね。世知辛い言い方であれば、より現実を動かせる権力・お金がある人々を動かせるかどうかも、フェアトレードのような事にはキーとなると思います。

デザイナーとのコラボから、フェアトレードの新しいイメージ追及も同意できますし。
異議をとなえる人もあるとの事でしたが、新しい部分で手づくりが受け入れられれば、伝統も残せると思いますね。逆に受け入れられる部分がなければ、伝統も途絶えると。
(伝統に関して、高い評価と付加価値を認識されていれば伝統はのこるでしょうが、現在のままでは化学処理、機械により生産に変わっていく方向でしょうから。)

冒頭に「読んだ感想を端的に言えば、読んでいる途中で印象が変わっていった本。 」と記しましたが、
それは、文体が素朴で簡素な書き方に感じたところからでした。
最初は淡々と読めてしまっていたのですが、文体・文脈を超えて熱い思いが伝わってきた1冊でした。

サフィア・ミニーさんが大好きなガンジーの言葉でしめられています。

 Be the change you want to see

 世界に変化を求めるなら、まず自分がその変化になりなさい。
 不公平や不条理に腹を立てたり、あきらめたりしているだけでは、世界は変わりません。



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3001367
俺と100冊の成功本 URL :  http://blog.zikokeihatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1376

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/802-499fc8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カンブリア宮殿+wikiに関するブログをまとめています。
2008/12/16(火) 08:33:06 | blogring.org
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。