1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックサイトブラックサイト
(2008/09/24)
ダイアン・レインビリー・バーク

商品詳細を見る


ブラックサイト 公式サイト

展開的にはありふれていましたが、エンタメとして単純に面白かったです。
連続殺人で犠牲者が出て、主人公の身近な人も犠牲者となり、最後は主人公が犯人と対峙する …

じゃ、なにが面白かったと言うと、サイトが殺人のトリガーになる点。
サイトを見ないようにTVで呼びかける時、象徴的な言葉が有りましたねぇ~。(うろ憶えですが)

 あなた方も共犯者です … みたいな


「好奇心が凶器になる」ってキャッチも良く出来ているんでしょうが、
好奇心ほど、やっかいなものはないですね。

TVで見れないような残酷な場面も、ネットでは見れるますもんね、現実。
以前も、平凡な普通の人がそういった場面を見たと言っていたを聞いた事があります。
私も見れたのですが、とても見る気にはならなかったですから、その人が見たと聞いた時は驚きました。
有る面、その人は正直だから話しただけでしょうし、その人から見れば信じられないものを私も見てるでしょうし。(笑)

もうひとつ、主人公が助かる場面で、直接犯人と対峙する点もエンタメらしかったです。


それと、原題は『untraceble』って、追跡不可能とでも言えばいいんでしょうか?
犯人は電子工学かなにかに卓抜していて、痕跡を追えないんですから…

逆に、PCをハッキングされて弱点を見つけられるんですから。
いやぁ~、私もPC覗かれたくないです。(笑)

エンタメとして面白かったと言えど、笑えないコンセプトですね。
この映画そのままではなくとも、類似的な事はありうるかもしれないですから。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/875-b1e12a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。