1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 はじめに
 勝間和代著作一覧
 序章 成功や自由は、読書で手に入れる
  インターネットと本
  本ほど人生の疑似体験ができる身近なツールはほかにない
  本は「成功への投資」
 第一章  人を進化させる読書がある
  ウェブ時代の本と書店の再定義/自分を進化させる本とのリアルな出合い方
  読者が進化して著者になると、上場株(=パブリックな人材)になる
  ウェブで発見され、約1年で150万部の売り上げに
  再現性が高い本は読者に“ご利益”をもたらす
  勝間式 書店ぶらぶら歩き(1) 「リブロ青山店」編
  
 第二章 進化している「読む」技術
  フレームワークがない読書は身につきにくい
  本選び基準のひとつは「ウェブや友だちの話より質が高いかどうか」
  良書との出会いが読書体験を豊かにする秘訣
  自分の読書レベルに合った読み進め方がある
  多読や速読など、「読む」技術について
  「読んでおしまいにしない」が究極の技術
 
 第三章 「書く」人も進化する
  深い話を広く伝える手段として、本は最もリーズナブルな流通形態
  文章力はブログやメールで進化させることができる
  書店は宝の山。“本のコンシェルジュ”を活用するのも手
  勝間式「相手がわかりやすく読みやすく書く」ための4つの技術
  技術(1)「自分の事例」「アンソロジー形式」を利用して、親しみを持たせる
  技術(2)「役に立つフレーズ」を必ず入れ、読書だけに体験を閉じない
  技術(3)「共通体験」や「流通していることば」を使って行動を促す
  技術(4)「コンテンツ力」と「編集力」で進化していく
  ウェブで発見されて著者に進化するには

 第四章「売る」仕組みを進化させる
  出版業界は「プレイス」と「プロモーション」が弱い
  好循環を生む基本的な仕組みは「まじめに作って、まじめに売る」
  「著者ブランド」を最大限に活用する
  リアル書店とネット書店の特徴を生かした「売る」仕組み作りを
  ウェブの活用、チャネルの再考…まだある、出版社にできること
  勝間式書店ぶらぶら歩き(2)「丸善丸の内本店」編

 終章 これから「読みたい」「書きたい」「売りたい」と思っているみなさんへ
  読書の進化形、印税寄付プログラム<Chabo!(チャボ)>
  すべての人にフェア(公平)な可能性を秘めている「読書」の世界

 私を進化させた20人の著者


勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan』、『史上最強の人生戦略マニュアル』ときて、やっと三冊目の本書に辿り着きました。

前2作とも面白かったのですが、個人的には本書が一番『半径1.5mの法則』に近く親近感がありました。
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan』は、今の私には知識不足で消化不良的な部分もありこれからといった感があり、『史上最強の人生戦略マニュアル』は実行してより深くわかるといった感がありました。
本書も本を書く、売るといった部分は感触が伴わない部分もありますが、第1~2章はえらく身近に感じたと言えます。

まず、本の副題と第1章には、強く惹かれました。

 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか。
 成功や自由は、読書で手に入れる。


好奇心や、ワクワク感をそそられました。(笑)

内容的にも同じ、且つ、+アルファ、本書流に言えば「新しく、深い」視点が有りました。(^^♪

 ・現在のテクノロジー制約条件下において、固定費なしに、比較的安価に~~~
 ・著者が書店を通じて、見知らぬ人に名刺を配っている イメージに近い
 ・本選びの基準のひとつは「ウェブや友だちの話より質が高いかどうか」
 ・ある本を読んで目から鱗が落ちるということはありますが、その基盤がある程度できていた上での、
  きっかけになっただけにすぎないのではと思っています

 
そして、激烈に同意したのが、これ

 ・さらに究極的には、本の「におい」、つまり~~~


勝間さんほど本は読んでいませんので、嗅覚のレベル違いはあるでしょうが、私も、この感覚でリアル書店を嗅ぎまわっていましたから。
(匂い感覚は対人に関しても、映像に関しても同じっすね)

とにかく、ちょっと前までは一日一回は書店によって、まず定型周りして、終わりまでいったら逆向きにまわって、ランダム周りで終わりっていった感じ。
真面目に吟味した周り方の後、インスピレーションで感じるつもりで周る … といった方法も混ぜて。
真面目周りは、必至に求めて歩く。
インスピ周りは、求めない感じで出逢いを求めて。
ちょっと、ストーカー気味(笑)

後ですねぇ、終章良かったですね。
230ページの最後の2行目、「最後に。私は決して、読書が人生の~」から232ページまで。

あぁ、本を読んでて良かったって。
お父さん、お母さん、本を買うことだけは無条件に許してくれて有難とうって。
ムツゴロウさん、本を読むことのトキメキを教えてくれて、有難とうって。
著名書評ブロガーの人たちも、様々な視点を気づかせてもらってありがとうって。
勝間さんも、年くった私にもう一度、本や読書の魅力を再認識させてくれてありがとうって。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3047640

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/882-253b72b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - 読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
2008/10/04(土) 16:19:42 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。