1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾氏の著作は初めて読みます。
今から5~6年前、一緒に仕事していた女性にどんな本を読むのかと聞いた時、東野氏の名前が出てきました。聞いた時は、えらく分厚い単行本と固いイメージがしたので、「女性なのに粘着質かいなぁ~、この人」程度のイメージでした。

ドラマ「ガリレオ」は面白かったですが、原作まで読む気はありませんでした。
今回、映画化やドラマ化で露出が多いので、興味をもって … いや、踊らされて読みました。

途中で、結末をちょっと予想したが、大ハズレ(笑)
でも私は、犯人が誰であるかとか、ストーリーの矛盾など細かい事には殆ど興味が無いタイプで、
登場人物のキャラクター・人間模様といった部分が好きなタイプなんで …

感想は端的に言うと、踊らされて良かった。
読みにくい文体かなと思っていましたが、まったくそんな事はなく一気に最後まで読めましたね。

私も3人兄弟で構成も同じで、兄弟間の在り方も似ていたし、年齢も上がってきてるせいか、ポタリと一滴の汗が目から落ちました。(巧一ほどしっかりしていませんでしたが)

結末に近づくにつれ動悸がしてきて、いったん冷たい水を飲み、落ち着いてから読みました。
残酷な結末だけは、勘弁してくれといった思いで …
私的には、完璧な結末でした。納得の結末で五重丸。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2975709
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/893-5753e9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。