1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LUPIN THE THIRD first tv. DVD-BOX LUPIN THE THIRD first tv. DVD-BOX
山田康雄、 他 (2001/07/04)
バップ
この商品の詳細を見る


TVでルパン3世が放送されていた。
自分が見た覚えがあるのは、最初のシリーズだった。
かなり幼い頃だったが、印象深かった。
今、表現すると、印象深いといっているが、その時は展開でドキドキしたり、
実に物悲しい結末で表現できない気持ちだったような憶えがある。

「魔術師と呼ばれた男」では、峰不二子がころころ裏切るのが理解できなかったし、
敗れたパイカルにも同情した。

「さらば愛しき魔女」では、最後にルパンの瞳が潤んでいたのが、子供心ながらジーンとした。

「十三代五ェ門登場」も峰不二子があいも変わらず裏切るのが理解できず、五ェ衛門はいかしてていた。(斬鉄剣はよかったな~)

「タイムマシンに気をつけろ!」は受身の時も笑いがあったり、一瞬、水槽の前で消えた時、
ドキィとしたし、反撃の時もコメディ顔負けの服と動作にゃ笑ったし。

「黄金の大勝負!」では、ドラム缶アジトに消え爆発した時の銭形には哀愁があったよな。


どれも、今、憶えている事を書いているので、題名以外は間違っているかもしれないが・・・

三つ子の魂、百までもか、われながらよく憶えていると思うが、
それだけ、脚本がよく、今見ても絶対に秀逸の出来と感じるはずだ。

そう、そう、今からでもイイから、実写版でルパン3世作りなさい誰か。
昔、あったが全然ダメだったから。(いい加減だった)
本当に、ルパン・峰不二子・次元・五右衛門・銭形のキャスティングを真剣に考えてね。

BGMもアニメらしくないかったし、多くの世代でわかるはずだよね。
皆そうだろうが、一押しはエンディングテーマだよな。
(動画がないんですよ、これが)

とりあえず、イカシタ OPENINGは有ったんで見てください。
若い人みたら、これカッコイイと思わんだろうな。
でも、ストーリーは渋いのが多いですよ。



Makeup Life!
今日もここまで、このブログを読んでいただき、本当に有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/94-4ddff0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。