1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年断末魔の資本主義―崩壊から黎明へ光は極東の日本から2009年断末魔の資本主義―崩壊から黎明へ光は極東の日本から
(2008/12)
ラビ・バトラ

商品詳細を見る


年末から新年早々にかけて、最近の経済状況に関する著作を読んでいるんですが、
夜半過ぎに読んでいると、段々気持ち悪くなってきました。
現在の自分の状況で言えば、仕事でも私生活でも忙殺され、やるべき事ややりたい事も山積みなんですが、
それに輪をかけて心配すべき事が思い浮かぶといいますか …

でもねぇ、今後悪化される経済状況に対して私自身が個人ベースでできる事はそれ程ないし(笑)、
実行できても的確かどうかも、逆に心配になりそうです。
そうなると、生活していると言うよりも、バタ狂ってドタバタしかえって首を絞めそうな気がするし。(笑)

ラビさんの2009年の予測5つが記されてます。

 1.資本主義崩壊開始
 2.原油価格の上昇
 3.中東情勢の動き
 4.円高の進行
 5.東証株価の下落


具体的数字や詳細は本書を読んで頂くとしても(笑)、やっぱり何一つ明るい展望が無いですね。
内容で言えば、詳細はこの類の著作と同じなんですが、相対的に分り易く、読みやすかったですね。
後、グリーンスパン氏をぶった切っていたのが印象的。


出来れば、何をすればいいのか?とか、どうすればいいのか?のヒントの点で言えば、エピローグに記されていた事でしょう。
日本の株価が下落しきった地点は、1970年代中盤以降で「夢のある地点」だったと。

実相経済とかけ離れたものが崩壊し、リストラクチャリングが開始される事が活気に繋がると解釈しました。(笑)
日本が活況だったのは努力もあるでしょうが、他国の購買や借金に頼っていた部分もありますから、
世界の(疑似)成長が止まればしょうがないかなと。

世界も崩壊しなければ、家計と同じく身の丈にあった生活に戻るしかないという結果ですか。
そう考えると、個人的には特に贅沢はしてないので、節約のしように困るな …
そんな低レベルな結論じゃ困るが、実相生活範囲じゃそれぐらいしか思いつかん。(涙)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3075634
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/989-deb17b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - 2009年断末魔の資本主義―崩壊から黎明へ光は極東の日本から
2009/01/02(金) 23:06:51 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。